『ハリー・ポッターと呪いの子』、オリヴィエ賞史上最多ノミネート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハリー・ポッターと呪いの子』がその年に上演された優れた演劇・オペラに与えられる、イギリスで最も権威あるオリヴィエ賞史上最多ノミネートを受けた。『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後の世界を舞台に、ハリー・ポッター、ハーマイオニー・グレンジャー、ロン・ウィーズリーの子供たちがホグワーツ魔法魔術学校に入学して巻き起こるさまざまな事件を描いたJ.K.ローリング脚本による同作は、6日(月)に発表されたノミネートで最優秀新作演劇賞を含む11の候補に挙がった。

現在ロンドンで公演中の同作でハリー役を演じるジェイミー・パーカーは、『バリード・チャイルド』のエド・ハリス、『トラベスティーズ』のトム・ホランダー、これまで6度の受賞歴を持つイアン・マッケランらと最優秀主演男優賞をかけて争うことになる。

また音楽部門最優秀アチーブメント賞では『ドリームガールズ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』『スクール・オブ・ロック・ザ・ミュージカル』と並んでノミネートされている。

そのほかにも『ハリー・ポッターと呪いの子』は最優秀演劇振付賞にスティーブン・ホゲット、ライティング・デザイン賞にニール・オースティン、最優秀セットデザイン賞にクリスティン・ジョーンズ、助演男優賞にアンソニー・ボイル、助演女優賞にノーマ・ドゥメズエニがノミネートされた。

ケネス・ブラナーが演劇界への功績を称えられることが決定している今年度の授賞式は来月9日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop