ゴリラズ、主催のフェスでステージ復帰!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴリラズが自らが英ケント州マーゲイトで開催するフェスティバルでステージ復帰を果すことを発表した。ブラーのフロントマン、デーモン・アルバーンとコミックブック・アーティストのジェイミー・ヒューレットが1998年に結成した架空の同カートゥーンバンドは、6月10日にマーゲイトの遊園地ドリームランドで開催する同フェスでヘッドライナーとして2011年以来となるライブパフォーマンスを披露することになる。

2005年リリースのセカンドアルバム『デーモン・デイズ』の名を冠する同フェスのラインナップは、現在ゴリラズのみが名を連ねている状態で、まだ全体の出演者リストは明らかになっていない。

英メトロ紙の6日(月)版に同フェスの広告がいち早く打たれ、その後同バンドはその広告をインスタグラムとツイッターで公開し、どちらの投稿にもユーザーネーム「@demondayzfest」をタグ付けしている。

復帰ステージで新譜が披露されるかは明らかになっていないが、デーモンは2015年よりゴリラズの2011年作『ザ・フォール』に続く新作アルバムに取り掛かっており、以前には年内にも完成する予定だと発言していた。

同バンドは2Dの架空のアニメキャラクターからなり、どのキャラもこのプロジェクトに参加する実在のミュージシャンを反映していないのが特徴的だ。

デーモン・デイズ・フェスティバルのチケットは10日(金)から発売される予定であり、値段は遊園地の乗り物券付で60ポンド(約8400円)からとなるという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop