サミュエル・L・ジャクソン、新作『ザ・ラスト・フル・メジャー』出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サミュエル・L・ジャクソンが新作『ザ・ラスト・フル・メジャー』へ出演することが決定した。同作品にはセバスチャン・スタン、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、ブラッドリー・ウィットフォード、マイケル・インペリオリ、ライナス・ローチ、ジョン・サヴェージ、ダイアン・ラッドらが出演することも決まっている。

トッド・ロビンソンが脚本・監督を務める同作品は、セバスチャン演じるアメリカ国防総省で働く若き捜査官スコット・ハフマンが、ベトナム戦争の期間中に60人以上の海兵隊員の命を救った空軍医療隊員ウィリアム・ピットセンバーガーに名誉勲章を与えるため、国会に働きかける姿を追うストーリーだ。

ティモシー・スコット・ボガート、マーク・デーモン、ローレン・セリグ、ジュリアン・アダムス、ニコラス・カフリッツ、ロバート・リード・ピーターソン、ショーン・サンガニがプロデューサー、ペン・デンシャムとジョン・ワトソンがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

デッドラインによると同作品の撮影は3月後半よりアトランタ、コスタリカでスタートするようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop