ケリー・ワシントン、『カーズ』第3弾に出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ドラマ『スキャンダル』でおなじみのケリー・ワシントンが『カーズ/クロスロード』のキャスト入りしたことが分かった。ディズニーの同人気シリーズ第3弾にケリーと『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』のネイサン・フィリオン、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のリー・デラリアが新たに声の出演で参加することが9日(木)に発表された。

同作にはオーウェン・ウィルソンとラリー・ザ・ケーブル・ガイらおなじみのメンバーのほか、クリステラ・アロンゾ、アーミー・ハマーら新キャストが出演することがすでに発表されている。

ピクサー・アニメーション・スタジオ製作の同スポーツカーコメディは、オーウェンが声を務めるレーシングカー界のチャンピオン、ライトニング・マックィーンがその世界で初めて挫折を経験した後、クリステン演じるクルス・ラミレスらの手を借りて立ち直ろうとする姿が描かれる。

ブライアン・フィーが監督するこの新作でケリーは統計アナリストのナタリー役、ネイサンはラスティーズ・レーシング・センターを運営するスターリング役、リーは地元の伝説的存在ミス・フリッター役を演じることになり、現役F1レーサーのルイス・ハミルトンもラミレスの搭載機器の声役で登場するようだ。

『カーズ/クロスロード』は7月15日から日本公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop