シスター・スレッジのジョニ・スレッジが死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

R&B女性グループ「シスター・スレッジ」のジョニ・スレッジが10日(金)、米アリゾナ州フェニックスの自宅で死去した。60歳だった。グループの代理人ビフ・ウォーレンが翌日11日(土)にその訃報を発表し、遺族は声明で悲しみに暮れている遺族に向けての祈りとプライバシーの尊重を求めている。

ジョニのほか、デビー、キム、キャシーの4姉妹が1971年にシスター・スレッジを結成し、キャシーは1989年に脱退している。そのキャリアの中でナイル・ロジャースらと仕事したり、2013年には英グラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを飾ったりするなど華々しい活躍をとげ、最も偉大なディスコ・グループの1つとみなされている。  

昨年11月には、ジョニも含むシスター・スレッジが英音楽オーディション番組『Xファクター』に登場し、ヒット曲『ウィー・アー・ファミリー』を披露していた。

昨年3月、BANGショービズがジョニにインタビューした際には2013年に出場したグラストンベリーのステージに再び立ちたいと話し、まだまだ音楽活動に意欲的な態度を示していた。「私達はもうグラストンベリーでパフォーマンスしてるけど、またやりたいわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop