カサビアン、 新曲『ユア・イン・ラブ・ウィズ・ア・サイコ』の情報を発信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カサビアンがニューアルバムの収録曲『ユア・イン・ラヴ・ウィズ・ア・サイコ』についての情報を発信した。トム・ミーガン、セルジオ・ピッツォーノ、クリス・エドワーズ、イアン・マシューズから構成される同バンドは、2014年作『48:13』に続く待望のニューアルバムに収録される同新曲についてのオーディオクリップをインスタグラムに投稿した。そのクリップの中でギターのセルジオは「『ユア・イン・ラブ・ウィズ・ア・サイコ』は僕がアルバムのために最初に書いた曲の1つなんだ。大体15分くらいで自然にできたんだ。頭で考えもしなかったし全ての歌詞がやってきたんだよ」「みんなにとって変わったアンセムであって、愛し愛されてきたことへを祝福するようなものなんだ。ダークなものではないよ」と新曲の内容や背景について語っている。

カサビアンは昨年の12月25日のクリスマスにもタイトルが『プレジー』とみられる新曲についてもファンに情報を発信しており、ツイッターにSoundCloud.comのリンクをはって「カサビアンよりメリークリスマス。プレジーだよ」とコメントしていた。このリンクからタイトルを「プレジー」とするオーディオクリップに行くことができるが、「プレジー」が曲のタイトルなのか、プレゼントを省略した言葉として使われているのかは分かっていない。

同バンドは、2015年5月にニューアルバムがほぼ完成したと明らかにしていたものの、その後リリースされることはなく、セルジオがリラックスした夏の休暇をすごして元気が回復したことにより、アルバムにたくさんの変更を加えたと認めていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop