ドレイクの新曲プレイリスト『モア・ライフ』、アップル・ミュージック以外でも配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドレイク(30)の新曲プレイリスト『モア・ライフ』をアップル・ミュージック以外でも配信するようだ。2015年に音楽配信サービスのアップル・ミュージックが始動して以来、ドレイクは同サービスとアルバム2作品とミュージックビデオの独占リリース、テレビコマーシャル、ツアーのスポンサーシップなどの契約を結んで緊密な関係を保ってきているが、18日(土)にリリースされるとみられている待望のプレイリストはアップル・ミュージック独占とはならず、スポティファイやアマゾンでも配信されるようだ。

16日(木)には、スポティファイが「新しいドレイク。『モア・ライフ』が近々やってくる」とツイートしている。

さらに、アマゾン関連の関係者がドレイクのプレイリストがアップル・ミュージックと同時にアマゾンでもリリースされることを認めたとピッチフォークは報じている。

昨年10月に自身のラジオ番組『アップル・ミュージック・OVO・サウンド』で新曲3曲『トゥ・バーズ・ワン・ストーン』『フェイク・ラブ』『スニーキン』をデビューさせた後、自身の音楽をミックステープではなく新しい「プレイリスト」という形でそのときは12月にはリリースしたいと話していた。「ミックステープはもうやらないよ。プレイリストをやりたいんだよ。みんなの生活のサウンドトラックになるような曲のコレクションを提供したいんだ。だから、プレイリストよりって感じかな。12月にリリースするつもりで、全て俺のオリジナルの曲になるよ。でも、ファミリーたちの曲もいくつか聞くことになるかもね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop