マイケル・ベイ監督、自宅侵入者の恐れで警察に通報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トランスフォーマー」シリーズなどで知られるマイケル・ベイ監督が、ロサンゼルスの自宅内に侵入者がいたと感じて警察に通報したという。同市のベル・エア内にある自宅内に何者かが入り込んだとして恐怖を感じたベイが警察へと通報したことで、その高級住宅地には5台のパトカーと2機のヘリコプターが飛び交う騒ぎとなっていたようだ。

ニューヨーク・ポスト紙ページシックス欄によれば、警察はその侵入者を探して、メグ・ライアンやジェニファー・アニストン、イーロン・マスクなども家を構えるその地域一帯の捜査にかなりの時間を費やしていたというが、結局侵入者だけでなくベイ宅に何者かが侵入したことを示す証拠も見つからなかったという。

ベイ監督のその通報の前日には、同市内に住むケンダル・ジェンナーの自宅に泥棒が入った事件が取り上げられていた。20万ドル(約2300万円)相当の宝石類が盗まれたその事件では、当初ケンダルが外出中に盗みが行われたと考えられていたものの、警察は押し入った形跡がないとして、現在は15日(水)にそこで開かれていたパーティの出席者による犯行ではないかとみて捜査を進めている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop