1Dのルイ・トムリンソン、空港での逮捕に対する審問1年待つ可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンは、先月パパラッチとの間で起きた争いにおいて起訴されるかどうかを決める審問を最高1年待つ可能性があるという。

先月3日、ルイは恋人のエレノア・カルダーと一緒にロサンゼルス空港にいた際、パパラッチと押し合いになったとされ、逮捕された後釈放されていた。先月29日に審問が行われる予定だったものの、ここにきて検察官たちが審問までにもっと時間が掛かる場合があるとした。

当局の広報担当は「この件についてまだ何も決断は下されていません。まだ再調査している段階です」「我々は、この事件が起こってから最大1年間、起訴することができます」と話す。

ルイの弁護人はこの件について、ルイが挑発されたと主張していた。「そのパパラッチが挑発したことにより、空港でのルイとの争いが生じました」「パパラッチが有名人との争いを作り上げるのは今回が初めてでも最後でもないのです」「パパラッチとの争いが起こっている最中に、別の3人の人物が恋人に危害を加えようとしていたため、ルイは守りに行ったのです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop