クリス・ブラウン、ナイトクラブでスタッフの顔を殴る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウン(27)がナイトクラブでスタッフの顔を殴ったようだ。17日(月)、フロリダ州タンパにあるナイトクラブ「アジャ・チャンネルサイド」のフォトグラファーが繰り返しクリスの写真を撮ろうと試みたことで、喧嘩に発展したとみられている。

TMZによれば、クリスと連れはそのフォトグラファーに再三にわたって写真を撮るのをやめるよう要求したものの、無視され続けたという。そして、DJブースにいたクリスがそのフォトグラファーがゲスト全員の写真を撮ったのを見つけたことで我慢が限界に達し、喧嘩が勃発したという。

その匿名希望のフォトグラファーがTMZに話したところによれば、他の写真をもう一枚とったのを目にしたクリスは、ソファを飛び越え、自身に襲ってきたのだそうだ。その結果骨折しているかは定かではないものの顎と唇を負傷し、治療を求めているという。

TMZが入手したその激しい喧嘩の模様をとらえた動画には、赤のジャンパーを着たクリスがステージの脇に行き、パンチをして退散していくような姿が映し出されている。また、そこには、黄色の服を着たクリスのボディガードが喧嘩しているクリスを引っ張る姿がみられ、誰かが「落ち着け」と何度も言っている声が聞こえている。

警察も現場に駆け付けたとみられているが、クリスはすぐさま会場を去ったと言われている。その場を逃げることができたクリスだが、フォトグラファーはクリスを告訴する構えだという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop