ロッド・スチュワート、 英フェスでフェイセズ再集結か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッド・スチュワート(72)が6月に開催されるワイト島フェスティバルでフェイセズのメンバーと共にパフォーマンスを行う可能性があるようだ。6月11日に同島のシークロース・パークで開催される同フェスでトリを取ることが決まっているロッドは、フェイセズの元メンバーであるザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、元ドラマーのケニー・ジョーンズと共にステージに立つ計画をしているという。

フェスのオーガナイザー、ジョン・ギディングス氏はデイリー・スター紙に「ロニーたちが一緒にやってくるかもしれません」「ワイト島フェスティバルは死ぬまでにやっておきたいことリストの中に入っていることですから、ロッドはかなりのショーをやることでしょう。彼は『セイリング』っていう曲まで作ってますからね」と話す。

スモール・フェイセズとして活動していたメンバーが、リードシンガー兼ギタリストだったスティーヴ・マリオットがバンド、ハンブル・パイを結成するために脱退した後、1969年に結成されたのがフェイセズであり、一番最近ロッドと残りのメンバーが一緒にパフォーマンスしたのは2015年の英サリー集のハートウッド・ポロクラブで行われたチャリティイベントとなる。

また、ギディングス氏はフェスに出演するほかのアーティストとロッドがコラボしていることを明かしたものの、そのコラボ相手が誰になるかは明かしていない。「出演するグループの1つがロッド・スチュワートと曲をレコーディングしたんです。でも、誰かってことはお伝えしませんよ。うっかり秘密を漏らしてしまうことになりますからね」「彼らがロッドと一緒にタッグを組むなんてとても面白いです」

このコラボ相手は、ロックバンドのキャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンと噂されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop