ソフィア・ベルガラ、『ザ・エモジ・ムービー』にフラメンコダンサー役で声の出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフィア・ベルガラ(44)が新作映画『ザ・エモジ・ムービー』でフラメンコダンサーの声を務めるようだ。パトリック・スチュワート、T・J・ミラー、イラナ・グレイザーらの参加がすでに決定している絵文字を主人公にした同アニメ作へソフィアが出演することを18日(火)に自ら明らかにした。

ソフィアはよく絵文字のフラメンコダンサーに似ていると言われていることから、その声を務めることになって感激しているようで、ピープル誌とのインタンビューで「いつも人から彼女に似ていると言われているから、私に完璧な役だと感じたの」「それに彼女はいつもフラメンコを踊っているの。起きてすぐの時も、食べている時も、たぶん寝ている時も踊っているんじゃないから。そうすると運転やメイクをすることは難しいでしょうね」と話した。

またソフィアは赤のドレスを着てその絵文字ダンサーの横に立った姿をインスタグラムで公開し、「『ザ・エモジ・ムービー』でフラメンコダンサー役になることに感激しているわ」とその喜びを伝えている。

『ザ・エモジ・ムービー』ではミラー演じる様々な表情が出来る絵文字のジーンが、グレイザー演じる天才ハッカーのジェイルブレイクと共にあるティーンエイジャーのスマホの中でアドベンチャーを繰り広げる姿が描かれる。

ジーンの母親役のスティーヴン・ライトのほか、マーヤ・ルドルフ、ジェイク・T・オースティン、ジェームズ・コーデン、ロブ・リグルなども声の出演をするこの新作は8月に海外で公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop