アーミー・ハマー、『コードネーム U.N.C.L.E.』続編を示唆?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーミー・ハマーがガイ・リッチー監督作『コードネーム U.N.C.L.E.』の続編製作を示唆している。アーミーは、2015年作の同アクション・コメディで脚本を手掛けたライオネル・ウィグラムに電話をかけ、ここ数か月間飛び交っている続編の噂について尋ねたところ、ウィグラムが続編に向けて動くと答えた事を明かした。

オリジナル作品の中でイリヤ・クリヤキン役を演じたアーミーは、インディーワイアーのインタビューに「この作品のプロデューサーでもあるライオネル・ウィグラムに電話したんだ。彼とガイは一緒にプロデューサーを務めて、脚本も書いていたからね」「だから彼に『ところで、実際のところどうなんだよ?ここ数か月間、沢山の人達から僕自身も質問されているんだ。続編の脚本書いてくれる?』って言ったんだ」「そしたら彼は『なるほどね。そうだね、書くよ。続編を書くことにするよ』って言ったんだよ。僕は『君が脚本を書けば、僕らが新作を作ることができるのは確実さ』って感じだったね。だからもしかするとそうなるかもよ?」と語っている。

1960年代に放送されていたTVドラマを基に映画化された『コードネーム U.N.C.L.E.』にはヘンリー・カヴィルやアリシア・ヴィキャンデルらも出演していた。

1960年代の冷戦を舞台に、CIAエージェントのナポレオン・ソロとKBGエージェントのクラムキンがチームを組み、犯罪組織を制圧していくストーリーだ。

アーミーは同インタビューの中で「今日初めてこの話を誰かにしたんだ。このこと(続編の噂)について尋ねてきた1人だけに僕は答えたんだよ」「おそらく第2弾の脚本は現在書かれているところだろうね。でもライオネルにプレッシャーを与えるつもりはないよ」と続けている。

現在のところワーナー・ブラザースは続編についての正式発表は行っていないものの、第1弾は続編が製作される余韻を残したエンディングであった。

6月17日に日本公開予定となっているガイ監督作『キング・アーサー 聖剣無双』の脚本家兼プロデューサーを務めたウィグラムは現在、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編のプロデュースに携わっている。

その一方でガイはディズニーの実写版『アラジン』の監督を務める予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop