ゲム・アーチャー、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズに加入?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元オアシスのギターリストであるゲム・アーチャー(50)がノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズに加入したものとみられている。同バンドのウィキペディアページには、ボーンヘッドことポール・アーサーズが脱退した後2000年にオアシスに加入したゲムがツアーのギターリスト兼バックボーカルとして記載されているうえに、ティム・スミスは2017年に脱退し、元メンバーとなっている。

ゲムがノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズに加入するとなると、2009年8月にバックステージでの大喧嘩をきっかけにノエルがオアシスを脱退した後、元オアシスのメンバー、アンディ・ベルとクリス・シャーロックとゲムと共にビーディ・アイを結成したノエルの弟リアム・ギャラガーの怒りをかうことになる可能性がある。

ビーディ・アイは『ディファレント・ギア、スティル・スピーディング』『BE』2枚のアルバムをリリース後、2014年10月に結局解散している。ゲムはオアシスでギターを弾くだけでなく、2002年のアルバム『ヒーザン・ケミストリー』の楽曲でギャラガー兄弟以外が始めて書いてアルバムに収録された『ハング・イン・ア・バッド・プレイス』などの曲も書いている。

ノエルが脱退した後も、ゲムはノエルとよい関係を保っており、2015年12月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで一緒にパフォーマンスを行っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop