ニコール・シャージンガー、人気ミュージカル『ウィケッド』の映画版で主演へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元プッシーキャット・ドールズのメンバーとしても知られるニコール・シャージンガー(38)が、大ヒットミュージカル『ウィケッド』の映画版で主役を務めるようだ。舞台作『キャッツ』のグリザベラ役でオリヴィエ賞の助演女優賞にノミネートされたことでその演技の能力も認められたニコールが、映画化される『ウィケッド』でのエルファバ役に向けて出演交渉を行っているという。

ある関係者はザ・サン紙に「ニコールはエルファバ役にニコールがぴったりだと考えている映画製作会社の上層部と初期交渉を行ったところです」「ニコールはここしばらく女優業に目を向けていますので、このような人気ミュージカルの主演となれば大飛躍となります。最終決定まで先はまだ長いですが、ニコールがその役を務める可能性は十分です」と説明している。

ユニバーサルが贈る同作は2019年12月公開を目指していると言われているが、現在のところニコール以外に声はかけられていないようだ。

当初、イディナ・メンゼルが3年前にブロードウェイの舞台で演じたエルファバ役を映画版でも演じると思われていたが、イディナ本人はやってみたいとは思うものの、44歳の自分では歳を取り過ぎていると感じている胸中を明かしていた。

そんな女優業での活動も注目されているニコールは、ニューアルバムの制作にも現在着手しているとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop