デーモン・アルバーン、ブラー再結成の可能性を示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デーモン・アルバーンが、将来的にブラーが再結成する可能性があることをほのめかした。デーモンは28日(金)にゴリラズのニューアルバムをリリースする予定となっているが、1990年代に活躍したブラーとして再結成する可能性が全くないわけではないと話した。

ブラーが2015年に発表した『ザ・マジック・ウィップ』に続く新作をリリースする予定があるかと尋ねられた際、デーモンは「僕らはみな、仲の良い友人だからね。それに僕にとっての最高の時期をブラーに捧げた気がするから、その意味で罪悪感はないよ。新作アルバムを作る可能性が全くないと言ったことはないしね」と語った。

ブラーの活動が再開される可能性がないわけではないとしながらも、デーモンは元クラッシュのベーシスト、ポール・シムノンと元ザ・ヴァーブのキーボードであるサイモン・トング、アフロビートの創始者トニー・アレンと結成したザ・グッド,ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作に取り掛かる予定になっているそうで、ブラーの再結成話は当分先になりそうだ。

デーモンはローリングストーン誌のインタビューで「ザ・グッド,ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンのニューアルバムを作るんだ。5月にやる予定だよ。(音楽制作ソフトウェア)ガレージバンドを使ったようなのでは全然ないんだ。僕ら4人が生演奏しているのをそのまま収めたものだよ」と説明した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop