レディー・ガガ、リメイク版『スタア誕生』エキストラにファンを招待!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガが『スタア誕生』のリメイク版となる主演作『ア・スター・イズ・ボーン』にエキストラとしてファンを招待している。ワーナー・ブラザース製作、ブラッドリー・クーパー主演の新作に出演することが決定しているガガは、撮影に先駆け、エキストラの募集をファンにツイッターで呼びかけた。27日(木)ガガは自身の6600万人のフォロワーたちに向けて「ロサンゼルスで行われる『ア・スター・イズ・ボーン』の撮影でブラッドリーと私に加わりたい人!」とツイートし、そのツイートには撮影用のカメラの絵文字と5月2日と3日にザ・グリーク・シアターで行われる撮影の詳細が書かれたリンクが添えられている。

同サイトによると、12ドル(約1300円)を支払うとカントリー・ウエスタン・ミュージック・コンサートでガガが歌っているシーンの観客として参加できるそうで、「これに参加できるすべてのガガのファンは最も心地の良いデニムとブーツ、(『ジョアン』のピンクの帽子は家に置いてきて)カウボーイハットをかぶってショーに応援にきてください」と記載されている。

このちょっと風変わりな撮影の機会から集まった収益は全てガガのチャリティ団体ボーン・ディス・ウェイ・ファウンデーションに寄付されることになるという。

エキストラの条件は18歳以上で撮影中は携帯電話やカメラの使用が禁止となる。

ブラッドリーが初監督を務める同作品は、『スタア誕生』の4度目のリメイク作品となり、2018年9月公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop