ワンリパブリック、ニューシングル『ノー・ベイカンシー』を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンリパブリックがニューシングル『ノー・ベイカンシー』を発表した。同バンドは27日(木)、インスタグラムに翌日の28日(金)に2016年のアルバム『オー・マイ・マイ』以来となるこの新曲をリリースすると発表した。

フロントマンのライアン・デダーは以前、2013年に『ネイティヴ』をリリースして以降音楽業界の状況が変化した感じていることから、先日これ以上アルバムを制作しない意向を示したDJのカルヴィン・ハリスのように、今後はシングルのみをリリースしていくことを視野にいれていると話していた。「もし世界がアルバムを作ることに意味をなさないところまで進展しているとしたら、俺らも確実にアルバムを作らないよ。業界は変わったね」

そんな中、ソングライターとして活躍するライアンはアデル、ビヨンセ、テイラー・スウィフトといった大物アーティストに曲を提供したことがあるにもかかわらず、泣かず飛ばずなステータスにうんざりしているとも話していた。「僕らがそうであるように、静か(な達成者)であることに疲れていると思うんだ。こういう曲をこんなにも控えめにやってるバンドを他には知らないね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop