アデル、自身がモチーフになったカードを大人買い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アデルが店頭に並んでいた自身の描かれたカードを全て購入していたようだ。アデルはロンドン西部スローン・スクエアにある百貨店ピーター・ジョーンズのカード売場で、大きな顔にアンバランスな小さな体のアデルの絵に2016年のヒットシングル『ハロー』のオープニングラインである「Hello, it's me...」と書かれたそのユニークなカードに出くわした際、面白さのあまり大量購入したという。

ある関係者はザ・サン紙に「アデルはその棚に直進して、全部持って行きました。すごく面白いと思ったみたいですよ」「店員はアデルが購入した商品はもちろん、そこにいたことさえ信じられない様子でした」「アデルはそのカードを友達に送ると言っていましたね」とその状況を語る。

アデルは勝手に自分の顔をモチーフにしたことでカード会社を訴えると冗談を言っていたそうだ。

そんなアデルは先日、ニュージーランドでの公演中に今後ツアーをするかどうか分からないという気持ちを明かして世間にショックを与えていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop