サム・スミス、新曲でクリーン・バンディットとコラボ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・スミスがカムバックソングでクリーン・バンディットとコラボしているようだ。サムは久々の新曲でジャック・パターソン、グレース・チャトー、ルーク・パターソンから構成されるクリーン・バンディットとコラボしていると見られているが、ジャックはそれについて尋ねられた際、はぐらかすだけで事実だとは認めなかった。

デビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』のツアー後、2015年10月から音楽活動を休止していたサムは最近ザラ・ラーソンを迎えた新曲『シンフォニー』を発表していたクリーン・バンディットと常に一緒に曲を作ってみたいと思っていたようだ。しかし昨年同グループを脱退したニール・ミランが、サムが歌った『007 スペクター』の主題歌『ライティング・オン・ザ・ウォール』のことを「マイケル・ジャクソンの『スリラー』のたるんだコピー」と馬鹿にするような発言をしたことがあったため、実現がここまで遅れていたという。

ある関係者はデイリー・スター紙に「ニールが脱退したことでまた実現の可能性が開けたんです」と話す。

サムの復帰作にはティンバランドとフランシスも参加しており、過去にエルトン・ジョンやジャスティン・ティンバーレイク、ミッシー・エリオット、ジェイ・Z、ネリー・ファータドなど幅広いアーティストとコラボをしてきているティンバランドは先日、サムとの写真をインスタグラムに投稿していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop