リア・ミシェル、ニューアルバムで亡き恋人コーリー・モンテースについて歌う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リア・ミシェルは新作アルバムの中で亡き恋人コーリー・モンテースについて歌っているようだ。『glee/グリー』の共演者でもあったコーリーが2013年に過剰摂取により他界するまで1年以上に渡っていて交際していたリアは、曲のインスピレーションについて隠しておくことが好きなため、新曲『ヘイ・ユー』が元恋人について歌ったものであると認めなかった。

英トーク番組出演時、その曲がコーリーについて歌ったものであるかと尋ねられたリアは「私が秘密を持っていて、人に明かすか決めることが出来るなんておかしいわよね」「それこそ私がコンサートで好きなところなの。その曲についてファン達に打ち明けることが出来るでしょ」「ほとんどの曲は刺激を与えられるもので、与えるものでもあるわ。そしてそれは愛についての歌なの。破局の歌もあれば、やる気を起こさせる歌もあるわ」「私には素晴らしいファンがいるし、特に若い女の子たちのね。だからなんでもできるんだっていう励みとなる考えを伝えていきたいの」と語った。

リアは3年ぶりとなるセカンドアルバム『プレイシズ』を今月28日にリリースしており、国内盤は5月23日に発売予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop