ゼイン・マリク、足負傷で車椅子生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ワン・ダイレクションのゼイン・マリク(24)は、足を負傷したために車椅子を使用しているようだ。

先月29日(土)、車椅子に乗ったゼインがアシスタントに押されて恋人ジジ・ハディッドの自宅に入るところを目撃された。靴は履かず、ジーンズが捲り上げられ肌が見える状態となっていたゼインの左足部分は、少し腫れている様子で、固定するためか浮いた状態になっていたようだ。

ゼインの身に何が起こったのかは明らかになっていないが、代理人はゼインの負傷について「ゼインは足を負傷しましたが、順調に回復していますし、大丈夫でしょう」とザ・サン紙にコメントしている。

今回はそんな車椅子姿で公の場に現れたゼインだったが、先日パリの滞在先ホテルの外で大勢のファンが出待ちしていた際には、使用済みのベッドシーツに隠れてその場を逃れていたそうだ。

関係者の1人は「外にたくさんのファンがいました」「なので、ゼインは洗濯物入ったカートの中に隠れ、バンの中に入り、スタジオに行く必要がありました」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop