カニエ・ウェスト、メット・ガラ欠席の原因は妻キム?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カニエ・ウェストは、妻キム・カーダシアン・ウェストがメキシコで羽目を外したことが原因で今年のメット・ガラを欠席したようだ。

キムとその姉コートニーと友人たちは先月同地で休暇を楽しみ、その際の2人のビキニ写真などが公になっていたが、カニエはそのことが自分たちのブランドを傷つけたことになるとしてキムとコートニーに対して怒りをあらわにしているのだという。そして、結局このことが原因となり、カニエは今月1日(月)にセレブが一堂に会した同チャリティイベントに姿を見せなかったようだ。

夫妻の友人は「カニエはキムがファッションアイコンにまで上り詰めるのを手助けしました。だから、カニエは(キムの姉)コートニーと一緒に写った写真がキムを安っぽくみせ、また彼女のブランドを傷つけたと感じているのです」「カニエはその休暇を写真撮影の場にしてしまったコートニーに怒っているんです。彼女たちの行動は、ファッション界でのキムの品位を完全に損なうものだったのです」と説明する。

また、カニエは今回メット・ガラを欠席したことで来年から招待されない恐れがあることもわかっているうえで、今回の欠席を決めたという。

前述の関係者は「出席しないということは大きなことです。招待を断るってことは、また招待されるかはわからないってことです」「それに、アナ・ウィンターを怒らせるリスクもあります。ですが、パリの強盗事件後に自身が不調に陥った年でもあり、また、そのキムの写真に対する怒りまで抱えると、出席する気分になれなかったのです」とザ・サン紙に続ける。

結局、キムはカニエ抜きで1人でメット・ガラに出席していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop