スーザン・サランドン、『バッド・ママ』続編出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーザン・サランドン、シェリル・ハインズ、クリスティーン・バランスキーが『ア・バッド・マムズ・クリスマス』に出演することが決定した。2016年作『バッド・ママ』続編となる同作品には、第1弾の出演陣ミラ・クニス、クリスティン・ベル、キャスリン・ハーンがそれぞれの役を続投する予定となっており、クリスマス時期にそれぞれの母親の滞在に耐えながら奮闘する姿を描くという。スーザン、シェリル、クリスティーンはそれぞれ主人公たちの母親役を演じることになるようだ。

さらに前作に引き続きジェイ・ヘルナンデス、デヴィッド・ウォルトン、ワンダ・サイクスも出演するほか、新たにピーター・ギャラガー、ジャスティン・ハートリーも加わる。

同新作の脚本と監督は前作も手掛けたジョン・ルーカスとスコット・ムーア、プロデューサーはスザンヌ・トッド、エグゼクティブ・プロデューサーはビル・ブロックとマーク・カマインが務める。

現在アトランタで撮影が行われている『ア・バッド・マムズ・クリスマス』は今年11月公開予定となっている。

AVclub.comの報道によると『バッド・ママ』の成功を受け、父親バージョンの『バッド・ダッズ』の製作も進行しているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop