デミ・ロヴァートのドキュメンタリー番組、YouTubeで配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手のデミ・ロヴァート(24)がYouTubeで自身のドキュメンタリー番組を持つことになった。

ここ5年間しらふを保っているデミの今を追うドキュメンタリー番組『アイ・アム:デミ・ロヴァート』がYouTubeで放送されることになり、同サイトはツイッターで「歌手、作家、人道主義者。本当のデミ・ロヴァートを知ることになる『アイ・アム:デミ・ロヴァート』がYouTube独占で近日配信開始」と情報を発信した。

これに対しデミは「配信開始のときに、私のドキュメンタリーをみんなにみてもらうのが本当に楽しみ!」とコメントを返している。

そんなデミは以前、リハビリ施設を出所して、自身の中の悪魔たちと闘った後、やっと自身の人生がスタートしたと感じられると話していた。自身がどのように変わったかということについてデミは「しらふになったその日は、私が実際に生き始めたって感じるから、とても意味があるの。だから、自分は5歳だって言いたいわ」「ほかの人たちを助けることになるから、私のこの話をみんなに公表しよう、私が経験してきたことをすべてを共有しようと決めたの。それに、何人かの人がやってきて『君がやってくれたから、僕の父親もしらふになったんだ』とか、『あなたのおかげで私はしらふになれた』とか言ってきてくれたのよ。それって本当に意味があることで、私にかなりの影響を与えてくれたの。世界のためにそうなったわけじゃないのにね」と話していた。

また、しらふを5年間続けた記念日には、デミはインスタグラムで、自分を誇りに思い、支えてくれた家族、友人、すべての人々に感謝を述べて、その日を祝っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop