イタリアの過疎化が進む村、移住者に25万円を進呈!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアの過疎化が進む村に移住してくれる人に2000ユーロ(約25万円)を進呈すると提案している市長がいるようだ。イタリア北西部リグーリア州にあるボルミダは年々人口が減少し、現在400人以下までに低下していることから、ダニエレ・ガリアーノ市長が必死に村おこしを図っている。

同地の賃料はおよそ月6000円ほどだそうで、市長はこの企画に対する自治会からの承認を待っているところだという。同地の議員の1人は「まだ企画については検討段階ですが、ここに移り住んでくれる方は誰でも大歓迎です」「高地ではありますが、海もわりと近いです。健康的なライフスタイルを送れますし、空気もきれいですよ」とアピールしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop