ポール・ウェラー、引退できないのは離婚が原因!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・ウェラー(58)は離婚が原因でまだ引退は出来ないのだそうだ。1番目の妻ディー・C・リーとの間に2人、2番目の妻サマンサ・ストックとの間に2人、現在の妻ハナとの間に2人の子供をすでにもうけ、もう1人が誕生予定であるほか、過去の交際相手との間にも21歳の息子がいるポールは、40年に渡るキャリアをいまだに楽しんではいるものの、たとえ引退したくても離婚費用の支払いがあるため、出来ないのだという。

「あまり個人的な詳細は触れないけど、僕はまだ2番目の離婚調停中の身だってことを忘れないでくれよ。だから引退するなんて無理だよ」「僕は仕事がしたいからどうせ仕事はするけどね。でも、必要な支払いを済ませるために年間一定の額を稼がなくちゃいけないんだ。とは言え、断ることもあるけどね」

Q誌とのインタビューでポールは、自分の子供を誇りに思っているという胸中も明かしている。「子供たちは僕の財産だよ。僕の音楽同様にね」「僕にはたくさんの子供がいるから、生活は忙しいよ」「先週なんて、ほとんどを車の中で過ごしたんだ。ただそれぞれを送り迎えしていただけでね」「だから自分の時間はあまり取れないけど、取れる時にはただまったりしてテレビを見ているだけで満足さ」

そして子供たちも音楽が好きなことを喜んでいるそうで、「僕の一番下の双子は、音楽をかけるとノリノリになるんだ。1番上の娘は歌手だしね」「あの子は素晴らしい声の持ち主なんだ。ちょっと母親に似ているかな。あの子の曲はソウルやアンビエント・ソウルといった感じかな」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop