ミシェル・モナハン、育児アドバイスはケヴィン・ベーコンから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミシェル・モナハン(41)はケヴィン・ベーコン(58)に育児相談をしているそうだ。夫ピーター・ホワイトとの間に8歳と3歳の子供を持つミシェルは、6月9日から日本公開予定の新作『パトリオット・デイ』で共演したケヴィンに育児の難しさについて相談していたのだという。

Maisonette.comとのインタビューでケヴィンからもらったアドバイスについて尋ねられたミシェルは「私たちが知り合った頃、夫と私は睡眠不足や疲れとかに参ってるって言ったの。そしたら彼が『これも時が経てば過ぎ去るから』って言ってくれたのよ。そしてそれは本当だったの」「でも彼は全ての時を大切にするようにって意味を込めていたわ。トイレトレーニングを始める時期についても心配なんてする必要はなく、ただその時その時に集中するようにってね」と明かした。

そんなケヴィンの重みある言葉にミシェルは感謝しているそうだ。「私はいつもケヴィンにあのアドバイスがどれだけ影響力を持つものだったか伝えたかったのよね。それでやっとそのチャンスが回ってきたの。最近一緒に映画に出演したからね」「やっと彼に会えた時、彼は大学に進学する娘さんのために曲を書いたところだったわ。もちろんそれも『これも時が経てば過ぎ去る』ってタイトルだったわ」

今では母親業もお手の物となった様子のミシェルだが、第1子の出産は誰もが恐れるものだと続けた。「ただ子供を持つってこと、ただ出産を経験するってだけでも、全ての母親たちは最初の時怖かったと認めると思うわ。『どうやってこんなものを自分の体から出すの?』ってね」「その考えを持って9カ月も暮らして、出産という奇跡を経験するわけ。それで『赤ちゃんを作って出産までした!』って思うのよね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop