ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン、『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン(25)が米オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員になる可能性があるようだ。現在出演中の元スパイス・ガールズのメラニー・ブラウンが夫スティーブン・ベラフォンテと熾烈な離婚争いを繰り広げているところであるため、番組の制作側はメラニーが精神的に疲れ果てて審査員を続けるのが困難な状況になった場合には、ルイを後任として起用することを検討していると言われている。

テレビ業界のある重役は「メラニーとルイを今すぐ交代させようという声は高まって来ています。一部のプロデューサーは、メラニーは私生活が落ち着くまで一線を離れるべきだと感じているんです」と話す。

しかしその一方で、同番組のクリエーターで重役を務めるサイモン・コーウェルはメラニーの続投を強く望んでいるという。別の関係者は「サイモンはメラニーにとてもこだわっていて、彼女がひどいストレスを抱えているというのに、とりあえず今はそのまま続けるようにと言い張っているんです」と話している。

また番組の上層部は、元夫と元ベビーシッターに対して接近禁止令を求めるほど泥沼化しているメラニーの離婚劇により、視聴率が下がることを懸念していると思われている。前述の重役は「日曜版デイリー・スター紙に「暴行や接近禁止令、3Pなどの話は視聴者の見る気を失せさせると感じているんです」と続けた。

しかしルイ自身も完全に健全なイメージを保っているというわけでもなく、3月にロサンゼルス国際空港でカメラマンに暴力を振るったとして裁判所への出廷を求められているところだ。ルイは罪がかけられるわけではないと言われているものの、ロサンゼルス郡検察所が双方からの話を聞く非公式の審問に出席し、今後同じようなことがあった場合にはどのような行動を取れば良いのかアドバイスを受けることになるようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop