ビヨンセ、 2017年BETアワードで最多ノミネート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビヨンセがエンターテイメント業界で活躍するアフリカ系の人々を称える2017年BETアワードで最多7ノミネートを果たした。 

女性R&B/ポップ・アーティスト、ビデオ・オブ・ザ・イヤー、アルバム『レモネード』でアルバム・オブ・ザ・イヤー、ケンドリック・ラマーとのコラボ曲『フリーダム』でベスト・コラボレーションなどの部門にノミネートされた。

ビヨンセに続くのは5ノミネートのブルーノ・マーズで、アルバム『24Kマジック』でアルバム・オブ・ザ・イヤー、同名シングルでビデオ・オブ・ザ・イヤー、男性R&B/ポップ・アーティストなどの候補に挙がっている。

また、ビヨンセの妹ソランジュが4部門ノミネートでその後を追っており、女性R&B/ポップ・アーティスト、『クレインズ・イン・ザ・スカイ』でビデオ・オブ・ザ・イヤー、アルバム『ア・シート・アット・ザ・テーブル』でアルバム・オブ・ザ・イヤーでは姉妹を繰り広げ、セントリック・アワードにも候補入りを果たしている。

そのほか、ソランジュと同様にチャンス・ザ・ラッパー、ミーゴスはそれぞれ2部門でノミネートを受けており、チャンスは男性ヒップ・ホップ・アーティストとベスト・ニュー・アーティスト、さらにミーゴスはベスト・グループ、リル・ウージ・ヴァートとコラボした『バッド・アンド・ボージー』でベスト・コラボレーションに名が挙がっている。

映画部門の女優賞では、ヴィオラ・デイヴィス、タラジ・P・ヘンソン、ガブリエル・ユニオン、イッサ・レイ、ジャネール・モネイ、男優賞ではデンゼル・ワシントン、ドナルド・グローヴァー、ブリシェア・Y・グレイ、マハーシャラ・アリ、オマリ・ハードウィックが熾烈な争いを繰り広げることになる。

19部門に渡る受賞者は、エンターテイメントの業界人やファンらで構成されるBETのヴォーティング・アカデミーのメンバーによって選出され、来月25日に開催されるロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催される授賞式で発表されることになる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop