『スクリーム・クイーンズ』、シーズン2で打ち切りが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『スクリーム・クイーンズ』がシーズン2をもって終了することが決定した。主演に『glee/グリー』のリア・ミシェル、『アメリカン・ホラー・ストーリー』のエマ・ロバーツ、ハリウッドのスクリーム・クイーンの異名を持つジェイミー・リー・カーティスらを迎えたライアン・マーフィーとイアン・ブレナンによる同番組は、話が完結したとして終了することになった。

20世紀フォックスのゲイリー・ニューマン会長はデッドラインに「この番組はアンソロジーであり、ライアンは2シーズンに渡って描いたストーリーで話は完結したと感じたのです。続行の予定はありません」と明かしている。

『スクリーム・クイーンズ』は架空のウォレス大学に存在する女子社交クラブ、カッパ・カッパ・タウのメンバーたちが、大学のマスコットキャラクター「赤い悪魔」に扮する連続殺人犯から身を守ろうとする姿が描かれる。キャスト陣にはほかに、ビリー・ロードやアビゲイル・ブレスリン、ニーシー・ナッシュ、キキ・パーマー、ジョン・ステイモス、テイラー・ロートナー、カースティ・アレイらが名を連ねている。

フォックス社は最近、数々の連続ドラマの打ち切りを発表しており、『スリーピー・ホロウ』『ローズウッド』は放送終了が決定しているほか、ズーイー・デシャネル主演の『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』も次のシーズンが最終シーズンになる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop