ボノ、ドナルド・トランプ大統領へU2コンサート出入り禁止宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボノが米ドナルド・トランプ大統領に対して、アメリカで行うU2のコンサートへの出入禁止宣言をした。アイルランド出身のボノは大統領選でトランプ氏に投票した人たちがコンサートに来るのは構わないが、最近のHIV対策予算削減を受け、トランプ大統領には近くに来てほしくないと発言した。

アイルランド版ミラー紙に対してボノは「トランプに投票した人たちは歓迎するけど、本人はお断りだよ」とコメントしている。

そんな中、アルバム『ヨシュア・トゥリー』の発売30周年を記念して現在ツアーを敢行中のU2 は、歳を取るにつれて故郷ダブリンの自宅を長らく離れるのがつらくなってきたという。現在57歳のボノは「だんだん国内に留まるタイプに変わってきたんだ。昔は僕には向いていなかったことだけどね。だってギャビン・フライデイのソファーで寝たりしていたくらいだよ。10代初頭から動きまわっていたんだ」「僕にとってバンドとは、自分にないと思っていた家族の代わりのようなものだったんだ。それに色々旅行してみたい気持ちが付いてきたんだよ。どこに行っても、そこが家族の場所だったんだ。でも最近になって、僕には帰るところがあると気づいたんだよ。それがダブリンだった。パリ公演から帰ってきて、家を歩き回っていたんだ。僕はよく夜に家を歩き回るんだけど、子供たちが寝ている姿を見たら、自分の家だって実感したんだ。そのおかげで離れるのが辛くなるけどね」と語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop