リアーナ、シリア難民に毛皮のコートを寄付するよう求められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナがシリア難民に毛皮のコートを寄付するよう動物愛護団体から求められている。動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)は、リアーナがクリスチャン・ディオールによる2018年のクルーズ・コレクションのファッションショーで同ブランドのひざ下丈の毛皮のコートを着用していたことを批判し、その毛皮のコートをシリア難民のような本当にそれを必要する人々に寄付するよう求める手紙をリアーナに送ったという。

PETAのスポークスマン、アンドリュー・バーンスタイン氏は、その手紙の中で「我々は、先週のディオールのイベントで、毛皮を着ているあなたを見てがっかりしたというファンからのたくさんのコメントを目の当たりにしました。我々のように彼らも、あなたが毛皮を持つことをやめ、何も実際殺さずに悩殺できるようなスタイルを選んでくれることを願っています」「さらに、あなたの毛皮を我々に寄付することをお願いしたいです。すべての毛皮のアイテムが、狐、ミンク、コヨーテなどにすさまじい痛みを与えることになります。毛皮産業により、たたかれ、感電死させられ、毒ガスをみまわれ、しばしば生きているままで皮をはがされます。さらに、毛皮は人間にも大きな損失をもたらします」「過去にシリア難民やホームレスに毛皮を送ったことがありました。あなたがハーバード大学の人道主義者賞の受賞スピーチで雄弁に述べたように、このことは『ポジティブな意味でたくさんの命に』影響を与えました」と訴えた。

2015年、PETAは毛皮のコート約100点をフランスに住むシリア難民に送っている。

リアーナは現時点では、PETAのこの手紙に対しコメントを出していない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop