ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー、近隣住民を訴える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー夫妻が近隣住民を訴えていると報じられている。2人はニューヨークのマンションの改装工事中、防音壁に3万ドル(約330万円)を費やすことを拒んだとことで、近くに住む男性から「住みにくくしてやる」との脅迫を受けたとして35万ドル(約3900万円)および懲罰的損害賠償を求める訴訟を起こしたと言われている。

TMZによれば、その男性は工事作業に敵意を抱かせ、水や電気を止めさせ、そのもめ事を公にすることでジェニファーとジャスティンのイメージを崩そうとしたとされている。

身元が明らかになっていないこの近隣男性は、ジャスティンに対して、法的手段を取れば「ジャスティンとその妻にとって嬉しくない数々の訴えが公になるだろう」という内容のメールも送っていたという。

この男性は、今年に入って夫妻が改修工事を始めてからというもの、騒音に悩まされているとして2人を非難していたという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop