ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトに確執の終焉求む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイティ・ペリーがテイラー・スウィフトに確執の終焉を求めている。テイラーが2012年の自身の「レッド」ツアーのバックダンサー3人をケイティに取られたと主張したことで2人の間に亀裂が生じていたが、ケイティはもうこの争いに疲れているそうだ。

テイラーは2014年にケイティとの確執を題材にしたとされるシングル曲『バッド・ブラッド』をリリースし、今度はケイティが新曲『スウィッシュ・スウィッシュ』でテイラーとの関係を歌っていると憶測を呼んいるが、ケイティはその真相について「本当よ。こういうことね。正直彼女が始めたし、彼女が終わらせるときがきたわ」と話した。

さらにこの確執についてテイラーと話をしようと試みたことがあるというケイティは、テイラーは自身と話さないだろうと続けた。「テイラーは私と話をしないでしょうね。ボールをつかみ損ねるみたいな感じがするときはいつも正しいことをするの。完全なシャットダウン状態があって、それからテイラーは私についての曲を書いた。私は『そうきたのね。ことをこういうふうに対応したいってことね』って感じだったわ」と続けた。

また、ケイティは新曲『スウィッシュ・スウィッシュ』がテイラーへの反応であって、テイラーは因果律を学ぶべきだと語る。「でも、私はこの確執を終える準備ができてるって言いたいの。今は因果律があるわ。何かをすると、それに対する反応がある。私を信じて。そこにはリアクションがあるの。すべてはカルマなんだから」

とはいえ、ケイティはこれ以上テイラーと争い続けたくはなく、「世界を癒す」ために女性は一体となる必要があると信じているそうだ。ケイティはジェームズ・コーデンの番組『ザ・レイト・レイト・ショー・カープール・カラオケ』の中で「個人的に、女性は分裂することなく、こういう最悪な関係ではなく、一体になるものだと思うの。女性が一体となって世界を癒すのよ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop