ナイル・ホーラン、ワン・ダイレクション再結成のためなら「すべてを捨てる」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイル・ホーランはワン・ダイレクションの再結成に参加するためにはすべてを捨てるそうだ。1Dの再結成が待ちきれないというナイルは、ハリー・スタイルズ、リアム・ペイン、ルイ・トムリンソンとまた活動を再開するのなら自分が取り掛かっていることを途中でも止めるつもりだという。

ビルボード誌の新刊でナイルは「マネージャーには最初から言っているんだ。ワン・ダイレクションの話が出たら、僕がやっていることは後回しにしてくれってね。アリーナを完売にしていようがグラミー賞を受賞してようが関係ないんだ。1Dがなければ今の僕はいないんだからね」と語る。

そんな1Dへの想いを明かすナイルだが、実際にはまだメンバーと再結成について話し合ってはいないという。「この活動休止をどれだけ続けるかってことについて、話もしていないんだ」と言い、「でもたまに『あれ?みんなどこ行ったんだ?』って思う時はあるよ」「空港のラウンジで待っていて、登場アナウンスが流れた時とかに、誰かを待っている気分になってすぐに立ち上がらないんだ。『ルイがトイレから戻ってくるから』ってな感じでね」とソロとして活動している違和感も明かしている。

ナイルは以前からワン・ダイレクションの再結成が必ず実現すると自信を持って答えている。先日のあるインタビューの中では「(休止に入ってから)もう1年ちょっとが経つよね。僕たちは時間を設定したくないんだ。でも連絡が入ったら、また僕らは元に戻るんだ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop