シャロン・ストーンがソングライターに転向!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャロン・ストーン(59)がソングライターとして活動を開始した。シャロンはハーツのフロントマンであるセオ・ハッチクラフトら友人と共に密かにスタジオで曲作りをしているという。

セオはそのいきさつについてこう語る。「あるパーティーでシャロンと知り合ったんだ。ロサンゼルスでの夕食の場で隣に座って、すごく気が合ってさ、結局一晩中話をしていたんだ」「ずっと音楽について話をしていたよ。彼女はすごく音楽に興味があって、『私は歌詞を書くのよ』って言ったんだ。それで次には僕がピアノに座って彼女に何曲か弾いていたよ」

シャロンの持つハリウッドでの影響力のおかげで自身も初の映画出演の話が決まったとセオはザ・サン紙に明かしている。「彼女の家で音楽の話をしていたら、彼女が映画に取り掛かっているという話になったんだ」「その監督がやって来て、『この映画出たい?』て言われたんだ」「その映画で彼女の恋人を演じたんだよ。トントン拍子に進んだね。『ア・リトル・サムシング・フォー・ユア・バースデー』ってタイトルだよ」「僕はシャロン・ストーンと1日中ベッドで過ごすことが出来たんだ。ラブシーンだったからね。洋服も着ないでさ。すごく楽しかったよ。僕らはとても良い友人だからね。それにみんなとても親切だったしね」

2度の離婚歴を持つシャロンは以前、愛とは探したからといって必ずやって来るものではなく、自然とやってくるのを好むと明かしていた。「愛って探せば見つかるものではないと思うの。人生に愛が訪れるのには似たような状況があると本当に感じるの。ある種の魔法があるのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop