アリアナ・グランデ、コールドプレイら、 英マンチェスター慈善コンサートに出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリアナ・グランデ、コールドプレイ、ジャスティン・ビーバー、ケイティ・ペリーらアーティストが、4日(日)に開催される爆破テロの被害者のための慈善コンサートに出演することになった。

5月22日にアリアナの「デンジャラス・ウーマン・ツアー」のマンチェスター・アリーナで行われたコンサート直後に発生した爆発により出た死者22名、負傷者50名のために開催される同コンサートには、そのほかにも、ファレル・ウィリアムス、テイク・ザット、ナイル・ホーラン、マイリー・サイラス、アッシャーが参加することが決まっている。

コンサートの制作はライブ・ネーションが手掛け、会場は英マンチェスターのオールド・トラッフォード・クリケット・グラウンドとなる。

運営側は「このコンサートのすべてのチケット売り上げは直接ウィ・ラブ・マンチェスター・エナジー基金に寄付されることになります」と説明している。

また、このコンサートの企画はアリアナが発案したようで、フェスティバル・リパブリックのマーヴィン・ベンはビルボード誌に「アリアナがこのイベントを発案しました。アリアナはかなりあの事件がかなりトラウマになっていますが、犠牲者を支援すること、そして、罪のない人々の命が奪われたことに対して立ち上がって抵抗を示すこと、そしてテロリストたちに私たちが影響されることはないと伝えることがとても大事なのです」といきさつを語った。

事件後アメリカに帰っていたアリアナは先日、ツイッターでマンチェスターに戻り、被害者とその家族のために義援金を集めるとツイッターで明かしていた。「私の心、祈り、追悼の意がマンチェスター爆発の被害者とその家族と共にあります。私自身、ほかの誰もがあなたたちが感じているその痛みを代わりに受けることやそれを改善するために何もできることはないかもしれません。ですが、もしあなたが私の助け求めるなら、必要とするならば私の手と心、私のできる限りのすべてをあなたに、あなたに関係ある人たちに差し出すことができます」「私たちに今唯一できることは、私たちにこれがどう影響するか、そしてどうやって生き、ここからどうやって生きていくかということを選ぶことです」「ファンと一緒に過ごすため、そして被害者やその家族への義援金を募るために、そして慈善コンサートを行うために、本当に勇気のある街、マンチェスターに戻ってきます。マンチェスターに愛を送るのに参加してくれたミュージシャン仲間や友人たちに感謝します」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop