アレサ・フランクリン、来年1月にニューアルバムをリリース?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレサ・フランクリンが来年1月にニューアルバムのリリースする意向のようだ。75歳になるアレサは年齢を重ねるにつれて、曲作りに対するエネルギーが更に増してきているようだ。アレサはニューアルバムの収録曲が全10曲または11曲になり、その中でエルトン・ジョン、ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダーとコラボすると明かしている。

アレサがビルボードに語ったところによるとライオネル、スティーヴィー共にオリジナル曲をアレサのために作成中だという。

アレサは以前、年齢のためステージ活動を控えることも考えていると口にしていたが、出来る限りツアーを続けていきたいようで、「54年間世界中を仕事で周るのはとてもきついことなの、ツアーバスでさえとても疲れるわ」「これまで本当に好きでずっとやってきたことをやめたくなんかないけど、永遠に続くものなんてないわ」と話している。

一方で今のアレサにはミュージシャンとしてのキャリアとは別の志もあるようだ。「もう以前のようなツアーの旅はしないつもり。1回きりのコンサートでいいかもしれない。人生において他にもしたいことがあるのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop