ラフ・シモンズ2017年CFDAファッション・アワード2部門受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラフ・シモンズが5日(月)にニューヨークで行われたCFDAファッション・アワードで2部門に輝いた。ニューヨーク市ハマースタイン・ボールルームにて、セス・マイヤーズ司会のもと開かれたスワロフスキー主催の同式典で、ラフはカルバン・クラインでの功績が認められ、メンズウェアとウィメンズウェアのデザイナー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した。

2016年8月にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任して以来、ラフは同ブランドのコレクションにさらなるインパクトを与えてきており、ジョセフ・アルチュザラ、マーク・ジェイコブス、オルセン姉妹ら強豪を抑えてウィメンズデザイナーとしての最高賞を手にするに至った。

カルバン・クラインはインスタグラム上にて、ラフが受賞トロフィーを持った写真と共に賛辞を送っている。

しかしながら、ラフがこのような名誉を受けたのは今回が最初というわけではなく、2014年にディオールのクリエイティブ・ダィレクターとしてインターナショナル・アワードを受賞している。

その他、今回の式典ではコーチのスチュアート・ベバーズがアクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー、モンスのローラ・キムとフェルナンド・ガルシアが新進気鋭のデザイナーに贈られるスワロフスキー賞をそれぞれ受賞した。

また、ミュージシャンのジョン・ボン・ジョヴィがステージに上がり、ケネス・コールに第1回スワロフスキー・アワード・フォー・ポジティブ・チェンジ賞を授与した。一方パット・マグラスがファウンダーズ賞、イタリア版ヴォーグの編集長だった故フランカ・ソッツァーニにファッションアイコン賞が贈られた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop