マイケル・ファスベンダー、「ダーク・ユニバース」シリーズに出演か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ファスベンダー、「ダーク・ユニバース」シリーズに出演か? ユニバーサル・ピクチャーズはマイケル・ファスベンダーを「ダーク・ユニバース」シリーズに起用したいと考えているようだ。7月28日(金)日本公開予定の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を皮切りに、過去の映画に登場した王道のモンスターキャラクターたちを蘇えらせ、新たな映画作品「ダーク・ユニバース」シリーズを製作して行くことを発表しているユニバーサルは、すでに新たな作品のために大物俳優たちの選定を始めているのだという。

トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の監督を務めたアレックス・カーツマンは、ユニバーサルが「X-MEN」シリーズでおなじみのマイケルやジェニファー・ローレンス、アンジェリーナ・ジョリー、シャーリーズ・セロンら有名俳優たちを『フランケンシュタイン』『魔人ドラキュラ』の出演陣として起用することに興味を示すだろうと話している。「マイケル・ファスベンダーには出演してもらいたいよね。あとジェニファー・ローレンスやシャーリーズ・セロン、アンジェリーナ・ジョリーにも出演してもらいたいな」「僕たちは『フランケンシュタイン』『フランケンシュタインの花嫁』『魔人ドラキュラ』『大アマゾンの半魚人』『オペラ座の怪人』『ノートルダムの鐘』『透明人間』を製作することになっているよ。これらの映画に登場するキャタクターたちをより発展させることもできるし、スピンオフ作品を作るかもね」

これまでにハビエル・バルデムがヴィクター・フランケンシュタイン医師、ジョニー・デップが『透明人間』の主人公として出演することはすでに発表されているものの、それ以外の作品についての詳細はまだ明かされていない。

またカーツマン監督は、マーベルの「アベンジャーズ」シリーズやDCの「ジャスティス・リーグ」シリーズのように、それぞれのストーリーに登場する「モンスターたちを関連づける」ことを計画しているのだという。Fandom.comへのインタビューでカーツマン監督は「世界中のモンスターたちにまつわる神話を掘り下げていくことはすごく面白いと思うんだよね。それに僕らが知っているモンスターたちを、他の思いがけないようなモンスターと関連づけることも面白いと思うよ」と語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop