ケリー・ワシントン、 妊娠中は水中エアロビに夢中だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケリー・ワシントン(40)は水中エアロビクスが大好きだそうだ。ケリーは8カ月になる第2子のケイレブ君を妊娠していた時、「70年代に流行ったような」水中でダンベルを使うエクササイズを行っていたと話している。

夫ナムディ・アサマアとの間にイザベルちゃん(3)も設けているケリーは、ケイレブ君を妊娠していた時のエクササイズについて、「70年代に流行ったような、発砲スチロールのダンベルを使った水中エアロビをやっていたわ。とっても楽しかった。思ってるより大変なのよ。でも水中エアロビは大好き」と6日(火)に米TV番組『エレンの部屋』で語っている。

また、ヨガインストラクターの資格を持つケリーは、若かった頃にはヨガを教えるつもりだったようで、「大学の後インドに渡ったの。そこでインドの伝統的マーシャルアーツや動き方を学んだの。その時ヨガも勉強していたから『アメリカに戻ったらこれを仕事にできるはず』って思ったのよ」「大学直後だったから、ニューヨークに行ってお腹を空かせた女優の卵になる予定だったの」と話している。しかしながら唯一の生徒は自身の母親だけだったという。「母が1日1時間ヨガを教えれば、実家に住ませてくれるって言ったの。そうね、1週間は続いたわ。でも結局母に『ヨガなんて嫌いよ!もしこれを続けるなら、ここには住んじゃダメ』って言われちゃったのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop