テイラー・スウィフト、音楽配信サービスでのストリーミングを再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テイラー・スウィフトが再び音楽配信サービスでのストリーミングを開始した。テイラーは2014年に印税の問題で音楽ストリーミング配信サイトのスポティファイから自身の音楽配信を中止していたが、アルバム『1989』の大ヒットを記念して、再びストリーミングを許可した。

テイラーの広報は8日(木)、「『1989』の売り上げが世界中で1000万枚を記録し、アメリカレコード協会からも1億枚の売り上げ証明が発表されたことを記念して、テイラーはこれまでリリースした音楽を全て、今夜12時から全音楽配信サービスより配信を開始し、ファンの皆さんに感謝の意を表したいと願っています」と発表した。これにより、テイラーがこれまでにリリースしたアルバム5枚が、スポティファイ、パンドラ、タイダル、アマゾン、その他のストリーミングサイトで配信可能となった。

以前テイラーは、ユーザーが配信サイトの提供する3か月の無料お試し期間に登録した際、アーティスト側には一切印税が支払われない規定について、アップル・ミュージックを相手取り、規約を変更するよう主張していた。「まだ規約は変えられるわ。私たちは何もタダのiPhoneを要求しているわけじゃない。だから何の賠償もなしに、私たちアーティストに音楽を提供するよう求めないで」

それに対し、アップルのインターネット関連ソフトウェア・サービス担当上級副社長、エディー・キュー氏は同社の規約を変更するとツイッターで発表していた。「アップル・ミュージックは、顧客の皆様の無料お試し期間の間も、アーティストの方々に支払うように変更します」「我々はテイラー・スウィフトさん、その他インディーズのアーティストの皆さんを応援しています」

この変更により今回、テイラーは自身の音楽の配信を許可するに至っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop