ステラ・マッカートニー、海で回収されたプラスチックを新作ラインの素材に使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステラ・マッカートニーが新作ラインに、海で回収されたプラスチックをアップサイクルした素材を使用することを発表した。これまでは織物やリサイクルされたポリエステルが使用されていたステラのコレクションだが、新作では海洋環境保護団体パーリー・フォー・ジ・オーシャンズとチームを組み、海で回収されたプラスチックをアップサイクルした素材を使用することになった。

「オーシャン・レジェンズ」と名付けられた長期間に及ぶ同プロジェクトの目的は海を汚染から守ることで、ステラは8日(木)、インスタグラムに「2050年までに、私たちの海には、重さにすると魚より多くのプラスチックが存在することになります。私たちは海を守らなければいけません」とタイトルが付けられたビデオを公開して、世界中の海の汚染された様子を紹介しコメントしている。「#ワールドオーシャンズデイの今日、汚染が進む私たちの海に対する意識を高めるため、私たちはパーリー・フォー・ジ・オーシャンズとシーシェパードと協力することになりました。キャプテン・ポール・ワトソンが取り組んでいる海の保護活動に敬意を表し、リミテッドエディション『ファラベラGO』のバックパックには、海から回収されたプラスチックをリサイクルした素材を使っています。そしてその全収益はシーシェパードに寄付されます」「StellaMcCartney.comよりバックパックの予約が可能です」

同新作ラインの第一弾は、ファラベラGOのバックパックの新バージョンで、海から回収されリサイクルされたポリエステルで作られているほか、従来のバックパックからはトレードマークの編み込み風の大振りなチャックがポケット部分に引き継がれており、さらには回収ポリエステルによって作られたシーシェパードのバッジが施されている。

同バックパックは今年中には発売となる予定だが、その他のアイテムの発売時期はまだ明らかになっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop