テイラー・スウィフトのストーカー容疑者、裁判でその執拗な行動が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テイラー・スウィフトの自宅屋根をうろついていたストーカーが出廷した。テイラーを数か月に渡って追い回していたとされ、今年3月6日にストーキングおよび不法侵入の疑いで逮捕されたモハメッド・ジャファーが12日(月)、マンハッタン最高裁判所で行われた審問に出廷し、今年の2月にニューヨークのトライベッカ地区にあるテイラーの自宅マンションに姿を現すようになってから執拗な態度が悪化していたことが明らかになった。

検察官は審問中、「被告人は(テイラーの)マンション内にある監視カメラにより、マンション内に入ろうとする姿を捉えられています。そしてマンションの外側と屋上で約4時間を費やしました」と詳細を明らかにしている。

ニューヨーク・デイリー・ニュース紙が入手した書類によれば、ジャファーは1月、テイラーと連絡を取ろうと所属マネージメント会社に2週間の間におよそ60回も電話をかけていたという。ジャファーは今年の2月6日にテイラーの自宅に現れ、再度13日に姿を現した時には退去を求められるまで1時間に渡ってテイラーのドアベルを鳴らし続けたという。そして翌日にも同様におよそ45分間に渡ってドアベルを鳴らしていたとされており、また15日にもテイラーの自宅外で姿が確認されたとされている。

ジャファーは法廷での罪状否認の際、「当然ながら無罪」と述べた。法廷に同伴した家族によれば、ジャファーは双極性障害を患っているものの、現在は治療により回復してきているところだという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop