元フィフス・ハーモニーのカミラ・カベロ、マッチミュージック・ビデオ・アワードで受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カミラ・カベロが18日(日)にカナダのトロントで開催されたアイハートラジオ・マッチミュージック・ビデオ・アワードでベスト・ニュー・インターナショナル・アーティスト賞を受賞した。

2016年12月にフィフス・ハーモニーを脱退して以来、ソロ活動を開始していたカミラは、カナダの音楽の祭典である同式典のステージでパフォーマンスも披露した。

今回の式典では過去1年間の活動が称えられ、エド・シーランがモスト・バズワーシー・インターナショナル・アーティストに輝いたほか、地元出身アーティストのドレイクがモスト・バズワーシー・カナディアンに選ばれた。ドレイクはその他にもウィズキッドとカイラをフィーチャリングした『ワン・ダンス』でカナディアン・シングル・オブ・ザ・イヤーの受賞も果たしている。

一方で同式典でのパフォーマンスで観衆を沸かせたナイル・ホーランはファンのお気に入りインターナショナル・アーティストに選ばれている。

ジョー・ジョナスとアレッシア・カーラがホストを務めたこのイベントでは、ほかにもロードやイマジン・ドラゴンズらがステージでその歌声を披露した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop