ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの離婚直後は孤独だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコール・キッドマンはトム・クルーズと離婚した直後は孤独を感じていたそうだ。今月20日(火)に50歳になったばかりのニコールは、2001年にトムと離婚しており、2002年公開作品『めぐりあう時間たち』でのヴァージニア・ウルフ役で 獲得したアカデミー主演女優賞を一緒に祝う相手がいなく、当時は虚無感を感じていたと振り返っている。「自分の人生なんてないように思えたわ。自分はどこかおかしいんじゃないか。誰と一緒にベッドに入って、そしてパンケーキを頼んだらいいの?って感じでね」

現在ではキース・アーバンという再婚相手を得て、幸せいっぱいだというニコールは、人生半世紀を迎えるにあたってインタビューを受けた際、「達成感を感じるわ。でも私はまだ21歳の時の自由な精神と共生していきたいと思っているの」とデイリー・テレグラフ紙に話していた。さらに、製作会社ブロッサム・フィルムズを創設しているニコールは、未だ監督の経験はないものの、今後その可能性もなくはないと明かしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop