ブラック・アイド・ピーズ、新作はAR形式!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック・アイド・ピーズの復帰作は拡張現実(AR)機能搭載になるようだ。7年の活動休止期間を経て今年再起動した同グループは、復帰作となる来月発表の新作で新しい取り組みを試そうと、「ポケモンGO」のようなゲーム形式でリリースすることにしたという。

ウィル・アイ・アムは新作についてザ・サン紙にこう語る。「7月半ばごろにブラック・アイド・ピーズは新たな企画を始動するんだ。拡張現実の中で僕らを目にすることになるよ」

今回の取り組みは音楽界では初となり、ウィルは音楽に新たな世界を開くものとしている。「今、拡張現実というと、人々がスナップチャットやインスタグラムで写真を撮って、後光を足したり、子犬の顔に変化したりするくらいだろ。それもいいけど、それはただの序章に過ぎないんだ。僕らは新たな世界を築いているんだよ」

ウィルは同グループの過去のヒット作をしのぐ新曲を作りだすのは不可能と考えているようだが、この新たな企画は奥の深い多面性を持った作品になるそうで、「俺たちは『アイ・ガッタ・フィーリング』を超えようなんて思っていない。それは不可能だ。だから違った媒体を考える必要があるってわけさ。それこそ今、俺たちがやっていることだ。ハイテクで実験的な取り組みさ。ラジオや二次元ではなく、多重構造、多面性があるんだ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop