ケリー・クラークソン、2冊目の絵本を上梓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケリー・クラークソンが今年2冊目の絵本を出版する予定だ。ソーシャルメディアでの発表によると、ケリーは2016年に発表した自身の児童書『リバー・ローズ・アンド・ザ・マジカル・ララバイ』に続く『リバー・ローズ・アンド・ザ・マジカル・クリスマス』を現在執筆中で、今年10月24日に発売予定だという。

ツイッターにてケリーは新作についてのインタビューの模様に時折3歳になる娘のリバー・ローズちゃんが自宅で遊ぶ動画も交えた動画を投稿し、「発表するわ!新刊『リバー・ローズ・アンド・ザ・マジカル・クリスマス』が10月24日に発売よ。http://www.hc.com/riverrose」とキャプションをつけている。

ケリーはそのインタビューの中で実の娘リバー・ローズちゃんがこのシリーズ本の創造の源泉であり、今回の作品もリバーが祝祭の時期をとても楽しみにしていることがきっかけだったと明かしており、「あの子は今、すごく楽しい年頃なの。ホントにお祝いごとが大好きみたい」と語っている。

またケリーはその本が、自身の子供が読むにも楽しいものになるはずだと述べている。

『リバー・ローズ・アンド・ザ・マジカル・クリスマス』はリバー・ローズが来たるクリスマスについてわくわくするという話だ。興奮で眠れず24日イブの夜、サンタに手書きの手紙を渡そうと待とうとするが、結局は眠気に勝てずペットの犬ジョップリンの横で寝てしまい、夢の中で北極点へとサンタ・クロース夫妻、妖精、手伝い係に会いに行く冒険に出かけるという話だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop