マライア・キャリー、サメと水泳?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリー(47)が、6歳になる双子の子どもたちをサメと一緒に泳がせたそうだ。

破局と復縁を繰り返している恋人のブライアン・タナカと共に、双子のモンローちゃんとモロッカン君を連れ、バハマを訪れたマライアは、コモリザメとも称されるナースシャークが多数泳ぐ海へ海水浴に出かけたという。

谷間の見えるセクシーなウェットスーツに身を包んだ自身の写真と共にマライアは、このサメは大人しく、人を襲ったりすることはないとファンを安心させるようなコメントをつけている。

マライアはその旅行の様子をインスタグラムに「私の双子とサメと泳ぐ一日。心配しないで、彼らは大人しい種類のサメなの」と投稿し、マライア自身も子どもたちと一緒にナースシャークのいる海でシュノーケリングを楽しんだようで、「サメと泳ぐのは完全に普通のことよ」とのキャプションを付け、ビデオも投稿している。

恋人のブライアンもこの日のことを、「最高の一日」「こんな体験ができるなんて思ってもみなかった」とのコメントを付け、自身のSNSでどれほど近い距離でサメと泳いだかを説明している。

4人が海水浴を楽しんだのは、グレート・エグズーマ島のプライベートビーチで、シーパークにも程近いコンパス・ケイだったようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop